• personalcaresovice

腰痛の一種 腰方形筋痛について

いくつかある腰痛の中で腰方形筋が痛むケースがあります。

腰方形筋とは、腰部の脇のあたりに位置する筋肉です。


腰方形筋が痛むケースでは、腰方形筋そのものに問題があるケースは少なく、その他の筋肉が機能していないことで代償的に腰方形筋が働いてしまい腰痛を発症してしまうことが多いです。

その主たる筋肉の代表例は中臀筋、大臀筋、大腿筋膜張筋あたりでしょうか。

これらの筋肉は歩行時に本来働くべき筋肉ですが、うまく機能しないとバランスを保つことができなくなるのでその代わりに腰方形筋が過剰に働かされることになります。


にも関わらず、腰方形筋のマッサージをしてしまうことが往々にしてあります。

そうすると腰痛は悪化してしまう場合があります。

こういったケースを回避するためにも、腰痛をお持ちの方は是非この情報を認識しておいていただきたいです。


腰方形筋の痛みを解消するには、その原因となっている股関節の筋肉を働けるようにすることが必要です。

上で挙げた筋肉の中でも、最もウェイトが高い筋肉が中臀筋です。

中臀筋が働いていない人の歩行動作は、骨盤をフリフリして歩くので特徴的です。

もしかしたら自分がそうかも!?と思う方は、↓こちらのYoutubeの中臀筋トレーニングを参照してください。



0件のコメント

最新記事

すべて表示