• personalcaresovice

背骨コンディションを高める



首こり、肩こり、腰痛などは、背骨のコンディションが悪いことが往々にしてあります。


背骨は頸椎・胸椎・腰椎に分類され、それぞれ頸椎は7個、胸椎は12個、腰椎は5個あります。

稀に生まれつき数が違う人もいますが、ほとんどの人は全部で24個の背骨で構成されています。


この背骨のパフォーマンスを決めるのが、1つ1つをうまく動かせるかどうかです。

特に動かすのが難しいと感じやすいのが胸椎です。

この胸椎が本来は一番しっかりと動いてほしい部位なんですが、現代では猫背の人が多く、胸椎が丸まっている状態の人ばかりです。

そうすると胸椎がうまく動かせなくなります。

胸椎がうまく動かないとなぜ腰が痛くなったりするのでしょうか。

それは「胸椎が動かなすぎるから、代わりに腰椎が動きすぎる」ということが起きるからです。

それにより腰椎に過剰な負担がかかり、ヘルニアになったり分離症になったりすることがあります。

これは腰痛だけに限った話ではなく、「○○が動かないから○○が過剰に動く」ということは体のありとあらゆる箇所で起こります。

これを代償と言います。


代償を起こさないためにも、背骨の1椎1椎を動かせるようにしておくことが重要です。

背骨をしっかり動かせているかどうかは一般の人が見極めるのは難しいですが、動かせていないサインを汲み取ることはそんなに難しくありません。

・ブリッジをしたときに綺麗な弧を描かない、またはブリッジができない。

・背中を反ろうとすると腰が痛くなる。

・ハムストリングスはそんなに硬くないのに前屈で手が地面に届かない。

・腹筋をすると腰が痛くなる。

と、こんなところでしょうか。

考えればまだまだ出てきそうですが、ざっと挙げただけでもこんな内容で動かせてないサインを認知できます。



思い当たるところがある方は是非お問い合わせください。

0件のコメント

最新記事

すべて表示