• personalcaresovice

精神と肉体は表裏一体


体の不調を取り除くためには

「どこどこ筋を緩めてなんちゃら」

「骨盤を整えてなんちゃら」

「背骨を整えてなんちゃら」

などと解剖学で考えるのは当たり前といえば当たり前です。

しかし、これだけで良くなる人もいればそうでない人もいます。

精神的にダメージを負っている人は、必ずといっていいほど肉体にも何かしらの問題を抱えています。

それを肉体の方にだけアプローチしてもなかなか良くならないということがあります。

私は過去にこんな経験をしたことがあります。

肉体的アプローチに対して反応が鈍いお客様がいて、その人の話をとことん聞いていたらそれに満足していただけて、「こんなに親身に話を聞いてくれるなんて・・・」と感動して涙を流されました。

それまで何をしても反応が鈍くカチカチに固まっていた体が、その瞬間にスっと一気に全身脱力したんです。

分かってはいたことですが、こんなにも顕著に反応が出るというのはその時が初めてで、私自身も驚いたのを今でも鮮明に覚えています。

この話は私の自慢話とかではなくて、こういうことが実際にあるということを言いたいんです。

にも関わらず、相手の話を一切聞かずにゴリ押しするような治療家もいるのが残念でなりません。

なんでもかんでも相手の話を聞けばいいということでもないんですが、お客様がどういうことを求めているかを正しく認識し、それに合わせてコミュニケーションを取るということが私たちの職業ではマストだと思っています。

結局、人が健康になるのなんて色んな手段があって、これをやっておけば間違いないなんてものはないということですね・・・。

0件のコメント

最新記事

すべて表示