• personalcaresovice

清涼飲料水はあくまで嗜好品


先日の記事では100%ジュースに関してご説明をしましたが、今回は清涼飲料水に関してです。

清涼飲料水は危険がいっぱいです。

100%ジュースより体に悪いと思います。

その理由を見ていきましょう。


1.ブドウ糖果糖液糖

ブドウ糖果糖液糖と言ったり、果糖ブドウ糖液糖と言ったり、異性化糖と言ったりします。

これらはブドウ糖と果糖の比率によって言い方が変わります。

ただどれも似たようなものなのでこの中でどうこうというのはそんなに考えなくていいです。

これらは、遺伝子組み換えトウモロコシから抽出された糖です。

もちろんそんなことは成分表示には書かれていませんが。

人体に影響がないとされていますが、そんなことはないでしょう。

以前、遺伝子組み換え作物についても記事を書いているので詳しくはそちらを見てみてください。


2.砂糖

ブドウ糖果糖液糖だけでなく砂糖が入っているケースも多いですよね。

砂糖そのものが体に悪いことはもはや疑う余地はありませんが、清涼飲料水では何がやっかいかと言うと、

"飲み物だからガブガブいくらでも摂取できちゃう"というところがやっかいです。

食べ物であればお腹が膨れるので、もういいや、って感じになりやすいですが飲み物だとそうはいきません。

砂糖の過剰摂取は肥満、糖尿病になりやすいので注意です。


3.人工甘味料

全ての清涼飲料水に入っているわけではありませんが、人工甘味料が入っている飲み物は本当に避けた方がいいです。

人工甘味料は砂糖やブドウ糖果糖液糖と比べても更にヤバイかも知れません。

一概に比較はできませんけどね…。

人工甘味料に関して詳しく書き出すとキリがないので簡単にだけ。

発がん性、アレルギー疾患、糖尿病などが挙げられます。

どんなものに入っているかというと、ゼロキロカロリーなんちゃらとか、糖質オフなんちゃらとか、そういう系のものによく入っています。

トクホとかに騙されないようにしてくださいね。


4.その他添加物

酸化防止剤、着色料、保存料etc…

明らかに変な色がついているものや、変な味がするものもありますよね。

それぞれ色んなリスクがあるので注意しましょう。


以上の理由で、清涼飲料水は体に悪いです。

絶対飲むなと言っている訳ではありませんが、あくまで嗜好品としての立場を確立すると良いと思います。

0件のコメント

最新記事

すべて表示