• personalcaresovice

大臀筋の重要性

仮に、全身の筋肉が機能不全で不調だらけの人が目の前にいて、神様に筋肉を1つだけ完全回復してもらえるということがあったとしたら、私は”大臀筋”を回復してもらうようにお願いします。

人体における大臀筋の重要性は計り知れないものがあります。


大臀筋はその名の通りお尻のメインの筋肉になるわけですが、筋膜などを介して連結している筋肉が非常に多い筋肉です。



画僧の通り、青い部分が大臀筋になるわけですが、関連している筋肉をピックアップして表示すると、膝下から肩まで影響があることがわかります。

それだけ広範囲に影響がある筋肉が大臀筋なわけです。


さて、大臀筋が機能不全になるとどのようなことが起こるのかを見ていきましょう。

・腰痛

・仙腸関節腰痛

・バランス感覚の低下

・お尻が垂れる

・骨盤のズレ

・膝痛

・猫背

・肩の高さのズレ

ざっと挙げるだけでもこれくらいあります。

もちろん必ずこうなるというものではありませんが、こうなる可能性がある、ということです。

これを見ると大臀筋の重要性がイメージしやすいと思います。


ではそんな大臀筋をどうすれば機能を維持し続けられるのでしょうか。

色々なアプローチや考え方はあると思いますが、私が思う大臀筋の機能維持は”歩行”にあると考えています。

歩行の中でも前足が着地の瞬間に大臀筋は働きます。

しかし着地の瞬間に10°以上膝が曲がっていたり、骨盤が後傾していたり、極端なガニ股や内股だと大臀筋は機能しづらくなってしまいます。

人間の身体は正直なもので、使っていないものは不要と判断するので機能はみるみるうちに損なわれていきます。


あなたはうまく歩けていますか?

(町で歩いている人たちを見ると、うまく歩けているな~と私が感じる方は1割程度しかいません…。)

0件のコメント

最新記事

すべて表示