• personalcaresovice

坐骨神経痛の治し方


坐骨神経痛は病名として扱われる場合と症状として扱われる場合があります。原因が特定できている場合には症状として扱われ、原因が特定できない場合には病名として扱われます。

例えば、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった疾患が原因の場合には、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が病名で、坐骨神経痛が症状になります。

こう聞くと、坐骨神経痛は治すのがものすごく大変に感じるかもしれませんが、案外大したことなく改善できるケースがあるのでご紹介したいと思います。



原因

大まかな原因は、坐骨神経が何らかの理由で圧迫されてしまうことにあります。

坐骨神経が圧迫されてしまっている理由を深掘りしていく中で、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などが挙げられます。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因の場合には、痛みが出ないようにすることは出来ますが完全に治すことは少し難しくなってきます。

しかし、有名な病名以外に、ものすごくシンプルな原因で坐骨神経が圧迫されてしまっているケースがあります。

それは、股関節の深層外旋六筋のうちの1つである、梨状筋の拘縮です。

画像からも分かるように、梨状筋のすぐ内側を坐骨神経が通っています。

梨状筋が硬くなることで坐骨神経が圧迫されてしまいます。


では次に、梨状筋が硬くなってしまう理由と、その対策をお伝えします。



梨状筋が硬くなる理由

梨状筋の作用は主に股関節の外旋です。大腿骨を外側に回旋させる作用なので、ガニ股をイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

ガニ股歩きの人は、梨状筋が常に収縮しているポジションにあります。その場合、筋肉が硬くなるのは想像できると思います。

では内股の人は安心かというと、そういう訳でもありません。内股の人は梨状筋が常に引き伸ばされているポジションにあります。内股の場合は筋肉が機能せずに伸びていて緊張状態になっているケースがあります。

総じて言えることは、運動不足で股関節が日常的に動いていないと梨状筋だけでなく、他の股関節にまつわる筋群が硬くなってしまうことが考えられます。

また、デスクワークなどで座りっぱなしの人は、坐骨周りの物理的な圧迫から血行不良が起こり、下半身のしびれに繋がると共に、筋肉に十分な血液が供給されないことから筋肉の機能不全を起こしてしまうことも考えられます。



対策

1.梨状筋を緩める

梨状筋は深層にある筋肉で、表層に大殿筋があります。まず先に大きな筋肉である大殿筋を緩めると梨状筋も緩みやすくなります。

緩める手段として、ストレッチ、筋膜リリース、PNF(固有受容性神経筋促通法)など様々なものがありますが、その人に合った手段で良いと思います。

人によって体の反応は違うので、絶対にこれ、というものは存在しないので柔軟に考えましょう。それぞれのやり方をご紹介します。


①ストレッチ

梨状筋のストレッチは個人的には正直あまりオススメじゃないです。あくまで方法としてご紹介だけします。

いわゆる女の子座りの姿勢でストレッチすることが出来ます。ただし、この座り方は膝の捻転が起こり、膝の障害に繋がりやすいので注意点がいくつかあります。

・膝を内側に倒すという意識よりも、太ももを内側に捻るイメージで行う。

・少し脚を広げて行う(膝と膝がくっつくポジションはNG)

・片脚ずつでも十分に刺激が入る人は片脚ずつ行う

以上を守っても膝に違和感が出る場合はリスクが高いので行わない方が無難です。


②筋膜リリース

私が施術する際にはハイパーボルトを使用します。大殿筋と同時にリリースすることが出来るので効率的で、かつ痛みも感じにくいのでオススメです。

テニスボールを使ってゴロゴロするのも効果があります。

他者に指や肘でやってもらう可能ですが、施術経験がない方には少し難しいかもしれません。


③PNF

PNFはパートナーが必要です。うつ伏せに寝た状態で脚を少し広げ、膝を90°に曲げます。パートナーに足元を外に開くベクトルに負荷をかけてもらいます。そこから、受け手が足と足をくっ付ける方向に力を入れます。

PNFとは?というところ話をすると長くなってしまうので、ざっくり簡潔に言うと、筋肉の中のセンサーを刺激して筋肉を弛緩させる手段です。



2.梨状筋を活性化させる

①椅子に座り、膝を90°程度で曲げます。その状態で足を振り子のようにゆっくりと動かし往復させます。丁寧に反動を使わずに行うことで股関節の内旋筋群、外旋筋群に刺激を入れます。

反動を使うと膝の捻転が起こるため、膝を痛める危険性がわずかですが発生します。

筋肉を鍛えることが目的ではないので限界まで追い込まず、「筋肉に刺激が少し入ったなぁ~」くらいの適度なところでやめて大丈夫です。


②片足立ちで、浮かしている方の脚の膝を90°程度に曲げます。その状態で①と同じ動きをします。①と違う点は、股関節が屈曲位(曲がっている状態)でやるか、フラットポジションでやるかの違いです。

同じ内旋・外旋の動きであっても、股関節のポジションによって刺激の入り方が変わってきますので、3Dに筋肉を刺激していくことになり、効果的です。

こちらも同様に、反動を使わず丁寧に、適度に筋肉を刺激しましょう。


この2つの動きをすることで筋肉が程よく動き、筋機能の向上が見込めます。



まとめ

坐骨神経痛は大きな病気(症状)として認識されがちですが、案外楽に改善されるケースもあります。

その代表的な原因に梨状筋の拘縮があります。梨状筋にアプローチをするのはそんなに難しいことではないので坐骨神経痛の方は是非試してみてください。

試してみて症状が改善しない、または緩和しない可能性はもちろんありますが、そんなに手の込んだアプローチでもないので試してみて損はないと思います。

© 2023 by The Health Spa. 

  • YouTube
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram